葉酸について

今回は葉酸について書きます。
 
葉酸には天然葉酸塩と人工葉酸があります。
 
日本で流通している葉酸のほとんどが人工葉酸ですが・・・
 
天然葉酸塩(Folate)
人工葉酸(FolicAcid)

天然葉酸塩と人工葉酸では体内で新陳代謝のされ方が両者の間では大きく異なります。

天然の葉酸塩は小腸内で代謝されるとテトラヒドロ葉酸塩(THF)に変換されメチル化します。

人工葉酸はこれとは異なり、最初に肝臓の中で還元されメチル化され、ここでは葉酸を身体が利用できる活性化HF形態に変換するために酵素ジヒドロ葉酸塩(DHF)還元酵素が必須です(THFは血液脳関門さえ通過するので、葉酸塩が神経障害に対して効くことを説明できる一つの要因)。

「Folic Acid(人工葉酸)」は、吸収率は高いのですが生理活性の高い「メチル葉酸塩」に変換されないと体内で利用されません。

ところが変換する遺伝子に異常があって、「Folic Acid(人工葉酸)」を「メチル葉酸塩」に変換できない遺伝子異常の人がいます。
それは、日本人の40~50%と言われているのです。
葉酸の代謝に関わる遺伝子は
MTHFR遺伝子のC677T&A1298Cの2種類です。

重要!
日本人の40%~50%はMTHFR遺伝子のC677TとA1298C遺伝子に変異がありますのでFolic Acid(人工葉酸)では2人に1人流産や不妊、神経管欠損のリスクを改善できません。

 
さらに天然葉酸にも種類があります。
 
『天然葉酸の種類』
 

生物学的に活性化されたメチルフォレート


・L-
 メチルフォレート  
・6(S)
 メチルフォレート  
・L-5-
 メチルフォレート  

・Metafolin(メタフォリン)
・L-Methylfolate Calcium(L-メチルフォレートカルシウム/L-メチル葉酸カルシウム塩)
・Levomefolic Acid(ルボメフォリック酸)
・Quatrefolic(クアトレフォリック)


活性化されていないメチルフォレート

・D-
 メチルフォレート  
・6(R)
 メチルフォレート  
・5-MTHF

活性化されたメチルフォレートとは判断が付かないタイプ

・L、6(S)、Metafolinと明記されていないもの
・5-MTHF
・5-methylfolate
・5-methyltetrahydrofolate

 

L-メチルフォレート、または、6(S)-5-メチルテトラヒドロ葉酸(6(S)-5-MTHF)は活性型のジアステレオ異性体フォレート(葉酸塩)であり、これは葉酸塩代謝における基本的形態だとされています。

この基本的形態を維持することで葉酸塩は細胞膜から末梢組織へと侵入し、血液脳関門も突破することができるのです。

細胞内で6(S)-5-メチルテトラヒドロ葉酸(6(S)-5-MTHF)は、ホモシステインからメチオニン、そしてテトラヒドロ葉酸塩(THF)を再合成するメチル化の過程で使用されます。

テトラヒドロ葉酸塩(THF)は、 チミジンDNA、DNAとRNAのプリン基、そして、メチオニン合成に必要な一炭素単位(C1 unit:1つの炭素を有する残基の呼称)に対する直接受容体となります。

食事から摂取する葉酸塩の約70%と細胞内にある葉酸塩は6(S)-5-メチルテトラヒドロ葉酸(6(S)-5-MTHF)から成ります。

葉酸塩(folate)の合成型である葉酸が生化学的に使える活性型へと変形するには、メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素(=メチレンテトラヒドロ葉酸レダクターゼ=MTHFR)による酵素還元を受けなければなりません。

アジア圏の人種(日本人)の2人に1人はMTHFRの遺伝子変異(C677TT、A1298TT)を持ち、葉酸を6(S)-5-メチルテトラヒドロ葉酸(6(S)-5-MTHF)に代謝変換させるのに重要な役割を担う細胞機能に支障を来す原因を持っています。

 

日本人は人工葉酸(Folic Acid)ではなく、天然葉酸塩(Folate)のほうを摂ることが大切です。

天然葉酸塩(Folate)を含むサプリメントを求める際は、よく注意しなければなりません。生体活性形態のこの物質は非活性型メチルフォレートと区別がつきにくい名称で呼ばれるからです。

天然葉酸塩(Folate)サプリメントを求めるときは、上記にとりわけ注意し生体活性のある天然葉酸塩を選ぶ事が大切です。

 
妊娠を希望する女性 妊娠中の女性の
厚生労働省推奨量 葉酸 1日/480μg
現在の30代から40代の日本人女性の1日に食事から摂取される食事性葉酸(天然葉酸塩)は平均1日280μgです。

厚生労働省葉酸1日推奨摂取量は480μgですのであと200μg足りません。

棗参宝には

天然の黒棗から抽出した生体活性型の天然葉酸塩【6(S)メチルフォレート】1カプセル当たり38.9μg配合しています。

妊娠を希望する女性、妊娠中の女性は

棗参宝1日6カプセル(6×38.9μg)=233.4μg
を摂取する事により

食事性葉酸平均1日280μg

棗参宝233.4μg=513.4μg
厚生労働省葉酸1日推奨摂取量480μgを生体活性のある
天然葉酸塩6(S)メチルフォレートで満たせます。

image.png

サプリメントサポートセンター

〒650-0021

神戸市中央区三宮町1-1-2 三宮セントラルビル4階 英ウィメンズクリニック内

TEL&FAX:078-391-8821

http://ss-center.com/shop/

営業時間:9時~17時 定休日:日曜・祝祭日

『体外受精児、14人に1人 2019年は過去最多6万598人が誕生』

こんにちわ(*^^)v

 
今回はヤフーニュースから2019年度の体外受精の実績が出ておりましたので下記に転記します。

『体外受精児、14人に1人 2019年は過去最多6万598人が誕生』
2019年に体外受精で生まれた子どもは過去最多の6万598人だったことが、日本産科婦人科学会のまとめでわかった。

18年より3619人増加。厚生労働省の統計では19年の総出生数は86万5239人で、14・3人に1人が体外受精で生まれたことになる。

体外受精で生まれた子どもは国内では1983年に初めて報告された。

2008年は2万1704人で50・3人に1人だったが、18年には5万6979人で16・1人に1人になっていた。

体外受精で生まれた子どもは19年までの合計で71万931人。

 

体外受精は、不妊治療のひとつで、精子と卵子を体外で受精させて子宮に戻す。
受精卵を一度凍結し、着床しやすい時期を選んで子宮に戻す方法が主流になっている。
19年の体外受精の治療件数は、45万8101件(前年比3208件増)で過去最多だった。

年齢別では、40歳が3万8221件で最も多く、39歳、41歳と続いた。

体外受精は1回あたり平均50万円と、患者の負担が課題だ。

体外受精や顕微授精などを対象に、公費から上限30万円の助成金を出す制度があるが、政府は2022年度から体外受精などの不妊治療に対し、公的医療保険の適用をめざしている。

サプリメントサポートセンター

〒650-0021

神戸市中央区三宮町1-1-2 三宮セントラルビル4階 英ウィメンズクリニック内

TEL&FAX:078-391-8821

http://ss-center.com/shop/

営業時間:9時~17時 定休日:日曜・祝祭日

仕事と妊活の両立について

こんにちは☺

妊活を始めるとどうしても休みを取らないといけなくなるため職場の上司に事情を話したり、仮に話せたとしても休みを簡単には

取りにい事もあったりと、仕事をされている女性はストレスとなってしまうお話をよく聞きます。

 

ハーバード公衆衛生大学院の研究チームの論文に仕事と妊娠についてのデータがありますので参考にしてください。
 

『勤務時間の長さや肉体的にきつい仕事と妊娠までにかかった時間』

https://www.rbmojournal.com/article/S1472-6483%2814%2900137-0/abstract

妊娠を希望する女性看護師にとって、週に40時間以上の勤務や頻繁に重いものを持ち上げたり、移動させたりすることは妊娠するまでに時間がかかることが明らかになりました。


ハーバード公衆衛生大学院の研究チームは、勤務時間や勤務中の力仕事と妊娠しやすさの関係を調べるために、看護師を対象にした大規模の疫学調査「Nurese’s Health Study3(看護師健康調査3)」のデータを解析しました。
2010〜2014年に看護師健康調査3に参加し、妊娠希望の1739名の女性看護師(平均年齢33歳)に勤務時間の長さや勤務中の肉体的な負荷についてアンケートに回答してもらい、その後、半年おきに妊娠に至ったかどうかを確認しました。

 

1年後には16%、2年後には5%の女性看護師が妊娠に至っていませんでしたが、勤務時間の長さと勤務中の肉体的な負荷と妊娠に至るまでにかかった時間との関係を調べました。

その結果、勤務シフトパターンは妊娠までの期間と関連しませんでしたが、勤務時間が週40時間以上の女性看護師は週21〜40時間の女性看護師に比べて妊娠するまでに20%長くかかったことがわかりました。

また、重いもの「25ポンド(11.325kg)以上」を1日に15回以上、移動させたり、持ち上げたりする女性看護師は重いものを移動させたり、持ち上げたりしない女性看護師に比べて妊娠するまでに1.5倍長くかかったことがわかりました。

このことから女性看護師の勤務時間の長さや勤務中の肉体的な負荷は妊娠しやすさに影響する可能性があることがわかりました。

女性看護師の勤務時間や肉体的な負荷と妊娠しやすさを調べた大規模な疫学調査で、勤務時間の「長さ」や「肉体的な負荷」が関係していたとのこと。

調査の対象である女性看護師ですが、平均年齢は33歳ですが、44.1%が肥満、もしくは、過体重、そして、22.4%は喫煙経験有りとのことですので、日本人とは、特に、BMIが違うようです。

同じ看護師健康調査3で実施された女性看護師の勤務時間や肉体的な負荷と月経周期との関係を調べた研究では、勤務時間の長さだけでなく、夜勤や夜勤のあるシフト勤務が月経周期が乱れるリスクが高くなることに関連していましたが、妊娠までにかかった期間では勤務シフトは関連しなかったようです。

また、肉体的な負荷として、11kg以上の重さのものを1日に15回以上移動させたり、持ち上げたりすると妊娠するまでの期間は1.5倍になるとのことでしたが、BMI別にみると、その傾向はさらに強くなり、BMI25以上の女性看護師の間ではその期間は2倍だったとのことです。

今回の調査では妊娠しやすさ(妊娠までにかかる期間)に影響する性交回数は調査していませんし、勤務によるストレスや疲労などもカウントしていませんので、勤務時間の長さや肉体的な負荷が妊娠しづらくさせると短絡的にとらえるのは無理はありそうです。

勤務時間の長さや肉体的な負荷に伴うさまざまな要素も妊娠しやすさに関係していると考えるのが自然かもしれません。

いずれにしても仕事や勤務に伴うストレスをうまくマネジメントすることが大切と言えると思います。

サプリメントサポートセンター

〒650-0021

神戸市中央区三宮町1-1-2 三宮セントラルビル4階 英ウィメンズクリニック内

TEL&FAX:078-391-8821

http://ss-center.com/shop/

営業時間:9時~17時 定休日:日曜・祝祭日

血液型によるコロナウィルスの感染重症化リスクについて

おはようございます。

緊急事態宣言も延長、延長で先が見えませんが、情報を得て出来る対策をし、予防していくことは大事です。

先日血液型によるデータが発表されました。参考にしてください。

 

『AB型はほかの血液型よりも新型コロナの重症化リスクが高い、慶大などが確認』

慶應義塾大学(慶大)などの研究グループは5月17日、3400人以上の日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者を分析した結果、重症化に関わるアジア人集団に特有の遺伝子多型(バリアント)を発見したこと、ならびにABO式血液型と日本人における新型コロナの関連性を調べた結果、A型・B型の人と比べて、O型の人は新型コロナにおける重症化リスクが約0.8倍と低い一方、AB型の人は重症化リスクが約1.4倍と高くなる傾向が判明したと発表した。

同成果は、慶大、東京医科歯科大学、東京大学医科学研究所付属ヒトゲノム解析センター、北里大学、京都大学などで構成される共同研究グループ「コロナ制圧タスクフォース」によるもの。詳細は、学術雑誌への投稿に先立ち、 プレプリント・サーバー「medRxiv」に一部掲載された

研究グループでは今回、収集した検体のうち約2400名分のDNAを用いて、ゲノムワイド関連解析を実施。

 

その結果、日本人の新型コロナウイルス感染症患者において、免疫機能に重要な役割を担う「Dedicator of cytokinesis 2(DOCK2)」という遺伝子領域のヒトゲノム配列の多型(バリアント)が、65歳以下の非高齢者において約2倍の重症化リスクを有することを発見したという。

このバリアントは、日本人を含む東アジア人集団では約10%と高頻度に見られる一方で、欧米人集団ではほとんど見られないバリアントであるとのことで、研究グループでは、今後、さらに症例数を増やした解析による追認検証が必要としつつも、これらの知見は、DOCK2遺伝子領域のバリアントが日本人集団を含むアジア人特有の重症化因子の有力候補である可能性を示唆したものと考えられるとしている。

 

ただし、DOCK2遺伝子領域のバリアントだけでは重症化の集団間の違いを説明することはできず、今後もさらなる解析の継続が重要となるともしている。


image.png
日本人集団におけるCOVID-19重症化ゲノムワイド関連解析の成果 (出所:共同プレスリリースPDF)さらに研究グループでは、欧米人集団を中心とした先行研究において、ABO式血液型と新型コロナウイルス感染症の重症化リスクに関わりがあることが報告されていることを受け、ゲノムワイド関連解析を通じて得られたABO遺伝子配列上のバリアント情報に基づき、ABO式血液型の詳細な推定と日本人における新型コロナウイルス感染症との関わりあいの調査も実施。

その結果、先行する、欧米人集団で報告されていたように、O型の人は新型コロナウイルス感染症における重症化リスクがA型・B型と比べて約0.8倍と低い一方、AB型の人は重症化リスクが約1.4倍と高くなる傾向が判明したという。

image.png
ABO式血液型とCOVID-19重症化リスクの関わり (出所:共同プレスリリースPDF)

このほか、研究グループでは、どのような基礎疾患や体質を有する人が重症化しやすいのかの解明に向けた調査も実施。

その結果、日本人では、肥満や痛風・高尿酸血症の発症リスクが新型コロナウイルス感染の重症化のリスクになるという因果関係が示唆される結果を得たという。

特に肥満は年齢・性別と並んで新型コロナウイルス感染の主要な重症化因子の1つであるとするほか、痛風・高尿酸血症は、疫学研究を通じて日本人の重症化・死亡危険因子であることが判明していることから、今回の結果は、これらの因子が直接的に新型コロナウイルス感染の重症化の原因となっていることを示唆するものと考えられるとしている。

なお、コロナ制圧タスクフォースでは、今回のDOCK2 遺伝子領域のバリアントの発見を最初の成果としているが、今後も研究活動を推進し、新型コロナウイルス感染制圧に向けた社会へのさらなる貢献を目指して、国の公共データベースを含めて、さまざまな機関と協力体制を広げていく予定とするほか、参加してもらっている全国100以上の病院の最前線の医療従事者からもさまざまな研究アイデアを募り、新型コロナウイルス感染パンデミック制圧のための研究を進めていきたいとしている。

健康あっての妊娠です。

どうぞ元気にお過ごしください。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1

syouki-set260

★ショウキT-1特設サイトでは「たんぽぽ茶ショウキT-1」★
★に関する最新情報を随時配信しています。     ★
ホームページ http://www.shawkeat-1.com

Facebook https://www.facebook.com/shawkeat1

twitter https://twitter.com/shawkeat1

サプリメントサポートセンター

〒650-0021
神戸市中央区三宮町1-1-2 三宮セントラルビル4階 英ウィメンズクリニック内
TEL&FAX:078-391-8821
http://ss-center.com/shop/