『人工授精(IUI)は43歳以上の女性にとって治療可能な選択肢ですか?排卵誘発プロトコルと精子の由来による分析』(論文紹介)』

こんにちわ(*^^)v
43歳以上の患者様から質問で人工授精をして妊娠できますか?と言うようなご質問を頂きました。
実際に論文などのエビデンスを調べてみると43歳以上の人工授精成績にフォーカスを当て書かれた論文を見つけましたのでご紹介します。
ネガティブデータになります。
 
≪論文紹介≫
 

『人工授精(IUI)は43歳以上の女性にとって治療可能な選択肢ですか?排卵誘発プロトコルと精子の由来による分析』(論文紹介)』

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33107579/

image.png
          人工授精(IUI)          
方法:
43歳以上の人工授精(IUI、AIH)の妊娠転帰を調査するために2011年1月から2018年3月までの間に、単一生殖医療期間で43歳以上の女性を対象に、後方視的のコホート研究を行いました。

主要項目は、人工授精の 1 周期あたりの妊娠数と出生数でした。フィッシャー厳密分析およびカイ二乗分析を実施しました。

結果:
この施設で行った9,334周期の人工授精のなかで、325回の人工授精(3.5%)は、受精時年齢43歳以上の女性(43.6±0.8歳、範囲43~47歳)を対象としていました。

これら325回の人工授精を分析したところ、生化学的妊娠は5回(1.5%)生児出産は1回(0.3%)のみでした。
ドナー精子を用いた人工授精(N=1/49、2.0%)とパートナー精子を用いた人工授精(N=4/276、1.4%)の間では、妊娠率に差はありませんでした。
妊娠率は、ゴナドトロピン注射(N = 2/211、0.9%)、クロミフェンまたはレトロゾール(N = 2/78、2.6%)、自然周期(N = 1/36、2.8%)を用いた人工授精間で差はみられませんでした。

結論:
43 歳以上の女性における子宮内人工授精の使用は論文などを見てみるとほとんど効果のない治療で、これは卵巣刺激やドナー精子の使用とは無関係でした。
年齢が上がると共に卵子の修復能は低下しますので高齢でも妊娠するキーポイントは卵子の質を上げる事です。
ショウキT‐1に含まれるT‐1エキス(糖鎖)は卵巣のレセプターを増やし顆粒膜細胞を増殖される事により卵子の質を向上させる事が長年の研究でわかっています。
image.png
先日、ショウキT‐1の論文がアメリカの査読付論文で発表されました。
上記、URLより全文がダウンロード可能です。
翻訳したものはまた近いうちのご案内致します。
重要!
妊娠を希望される方、妊娠中の方、産後母乳を与える女性が口にするものなのでしっかりとしたエビデンスがあるものを選ぶ必要があります。
お母さんが口にするものは赤ちゃんの身体の全てに繋がります。
妊活サプリや漢方薬はたくさんありますが安全性や有効性を考えた際にきちんとしたエビデンスがあるものをお選び下さい。
妊娠を希望される方、妊娠中の方、産後母乳を与える女性には
きちんとしたエビデンスと実績があるショウキT‐1を是非ともオススメ下さい。
オススメの飲み方は
20代 1日1包
30代 1日2包
40代 1日3~5包です。
ご相談、ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

サプリメントサポートセンター

〒650-0021

神戸市中央区三宮町1-1-2 三宮セントラルビル4階 英ウィメンズクリニック内

TEL&FAX:078-391-8821

http://ss-center.com/shop/

営業時間:9時~17時 定休日:日曜・祝祭日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です