夏だけど冬がつく野菜

暑くなってきましたね!

今年も猛暑となるのでしょうか💦

いろいろ暑さ対策、そして梅雨もまだまだ対策しないとですが

そんな暑さ、ジメジメの梅雨にピッタリな野菜『冬瓜』をおススメします。

これからが旬です。

固い皮に覆われているので、夏に収穫して、切らずに新聞紙でくるんで冷暗所に置いておけば・・・そのまま中身の水分をキープして「冬まで食べられる」ほど、日持ちします。このことが、「冬瓜」という名前の由来になっていると言われています。

固い皮に覆われているので、夏に収穫して冷暗所に置いておけば冬まで食べられることが

冬瓜という名前の由来になっていると言われています。

 

カリウム


カリウムの働きは、体の余分な塩分を水分と一緒に排出することです。これにより、むくみの解消が期待できます。

食物繊維

食物繊維には水に溶けやすい水溶性と不溶性の2種類があり、それぞれ働きが異なります。水溶性食物繊維は、水に溶けるとゼリー状になって腸内の有害物質を絡めとって排出する働きがあります。糖やコレステロールの吸収を抑制する効果も期待できるのです。
一方、不溶性食物繊維は便のかさを増やし、腸壁を刺激することで便通を促す働きがあります。冬瓜にはこの2種類の食物繊維が両方とも含まれています。

 

ビタミンⅭ

冬瓜100gあたりには、ビタミンCが39mg含まれています。ビタミンCは、コラーゲンの合成に欠かせない栄養素です。皮膚や粘膜の健康を保つはたらきがあるため、「美容のためのビタミン」として知られています。

 

水分を多く含む冬瓜ですが、体の熱を取る働きもあります。

 

ご相談、ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

サプリメントサポートセンター

〒650-0021
神戸市中央区三宮町1-1-2 三宮セントラルビル4階 英ウィメンズクリニック内
TEL&FAX:078-391-8821

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。