『さまざまな甲状腺疾患(甲状腺機能亢進・低下症)は月経障害つながるのか?』

こんにちは(*^-^*)

『甲状腺疾患があると月経異常を起こすのですか?』

 
軽度の甲状腺異常を伴った患者様から「治療すると月経異常が治りますか?」という質問を受けることがあります。
 

軽症の甲状腺疾患の場合は月経異常とほぼ無関係と説明していますが、根拠となる国内からの論文報告をご紹介させていただきます。

 
『さまざまな甲状腺疾患(甲状腺機能亢進・低下症)は月経障害つながるのか?』

 
image.png
≪論文紹介≫
Kakuno Y, et al. Endocr J. 2010. DOI: 10.1507/endocrj.k10e-216
バセドウ病による甲状腺機能亢進症 586名、甲状腺機能低下症 111名、慢性甲状腺炎 558名、無痛性甲状腺炎 202名、甲状腺腫瘍 595名の20〜45歳の未治療女性患者を対象に、過去6ヶ月の続発性無月経、過少月経、過多月経、月経不順などの有病率を前向きに検討しました。

患者全体では、105人の健常対照者と有病率は変わりませんでした。

 

重度の甲状腺機能亢進症の患者は、軽度または中等度の甲状腺機能亢進症の患者(それぞれ0.2%と0.9%)に比べて、続発性無月経(2.5%)と稀発月経  (3.7%)の有病率が高くなりました。

重度の甲状腺機能低下症の患者は、軽度〜中等度の患者(10.2%)よりも月経障害の有病率が高くなりました(34.8%)。

甲状腺機能障害における月経障害は、これまで考えられていたよりも頻度が低いことがわかりました。

ご相談、ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

サプリメントサポートセンター

〒650-0021

神戸市中央区三宮町1-1-2 三宮セントラルビル4階 英ウィメンズクリニック内

TEL&FAX:078-391-8821

http://ss-center.com/shop/

営業時間:9時~17時 定休日:日曜・祝祭日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です